足汗・足臭の原因

足汗・足臭の原因

手汗と同じく悩まれる方が多いのが足の臭いや汗です。実は足の裏は体の中でも比較的、汗腺が多い部位です。汗腺が多いということは汗も大量に出る部分となります。

 

あるデータによると足の裏は背中の5倍〜10倍近い汗腺が存在しているといったデータがありました。

 

また足は靴を履いたり靴下を履いたりしてケアするにもバスタイムくらいしかケアする時間がありません。汗をかいた状態で放置をしていれば皮膚に付着している常在菌が汗を分解して悪臭へと変化してしまいます。

 

これが足が臭くなってしまう原因です。

 

足裏の厚い角質も臭いの原因

汗をかいた状態の放置以外にも足裏は皮膚の中でも厚い角質を持っている部分です。当然アカも溜まりやすいです。

 

歩いたりすれば靴、靴下と擦れて古い角質が剥がれていきます。剥がれた角質はアカですので常在菌が好むエサとなります。常在菌はドンドン繁殖して皮脂や汚れと混ざり合って独特の臭いを発生するようになります。

足汗・足臭はムレを防止することから

足は誰でも思うことですが本当にムレやすい部分です。靴、靴下を履いた状態で長時間いると通気性も悪く密閉された空間でもあるので温度は上昇。

 

汗が流れても蒸発できずに靴や靴下の中でこもってしまいます。そして足がムレると皮膚は柔らかくなり上記で挙げた古い角質も剥がれやすくなります。

 

古い角質が剥がれるのは良いことですがケアをして挙げないと恰好の餌場となり臭いを発生させる菌も繁殖。まさしく足というのは汗、臭いが発生しやすい好環境でもあります。

 

汗、臭いを抑えるためには足ムレ予防、防止対策を考えることから始めます。

 

適度に靴や靴下を脱いで空気に触れさせてあげる。小まめに洗うなど意識して行うことで常在菌の繁殖を抑えて臭い予防にも繋がります。

 

足のケアをしても汗・臭いが気になる場合

意識してケアをしていても汗が止まらない。臭いが気になるといった場合は「精神性発汗」による汗が原因の可能性もあります。

 

精神性発汗はストレス、緊張、興奮時に暑くもないのに汗をかいてしまう症状。自律神経の一種である交感神経が活発化されているために起こります。

 

特に自宅では足汗、臭いも気にならないけど外、会社に出ると気になる場合は精神性発汗にあたる場合が多いです。

 

このような場合はストレス、緊張、興奮を抑える。原因を突き止めるといった対処をしながら精神的な負担を減らしていくことが大切です。

 

精神的負担を軽減させるといった意味では専用デオドラントを活用すると気持ち的にも不安が払拭されてきます。特に1日中、靴・靴下を履いて動き回る方は日中のケアも難しいと思いますのでデオドラントを活用していきましょう。