汗の種類を知って手汗・足汗対策

汗には種類がある

汗と一口にいっても種類があることをご存知ですか?
状況によって出る汗というのは大まかに分けると3種類とされています。生理現象的なものから神経が刺激されて出る汗まで多様です。

 

自分が手汗、足汗をかく場面を想像しながら読んでいただけると汗の種類がわかって対策方法も発見することができます。

 

温熱性発汗

温熱性発汗とは気温上昇、体温上昇によって起こる汗。いわゆる体温調整のために汗が流れているため気にする必要はありません。また生理現象でもあるため無理に汗をかかない体にすることは危険です。

 

精神的発汗

緊張、興奮、ストレスを感じて汗が出てしまう人は「精神的発汗」の疑いがあります。交感神経を刺激してしまい暑くなくても汗が出る。手汗、足汗が止まらないといった現象も起こります。まずは不安をなくすこと。専用デオドラントでケアをしてあげましょう。

 

味覚性発汗

辛い食事、刺激の強い食事を食べると汗を流れてくる経験をしたことはないでしょうか。飲食時に起こる汗の多くが「味覚性発汗」になります。もし食事時の汗が気になる場合は食事の見直しをしたり香辛料、刺激物の少ない食事に切り替えてあげることが大切です。

多汗症は交感神経の異常

上記のどれにも当てはまらないけど日常生活に支障をきたすほどの汗を流す場合は多汗症の恐れがあります。多汗症を発生する部位は【脇の下、手のひら、足裏、頭部】などが多いです。

 

手の多汗症は【手掌多汗症】と呼ばれており、水滴が落ちるほど手汗が出る。スマートフォンが反応しない。書類等の紙が濡れてしまう。といったような状態です。また寝ている時は不思議に汗が流れることはありません。起きている間だけ異常に手汗が出てしまいます。

 

このような場合は専門医に見てもらい、必要であれば手術をして治すことも可能です。ただし手術はリスクがつきまとうので怖い場合や1歩が踏み切れない場合は専用デオドラントからケアを始めると良いです。