手汗クリーム

手汗を抑える専用クリームが女子の間で話題

彼氏と手が繋げる

手汗がなくなるから異性とも手を繋げる

「彼氏と手を繋ぎたい」「手汗で人に触れるのが怖い」など手汗は女性のコンプレックスになっています。原因は交感神経の異常であったり緊張、興奮などによるもの。本気で治そうと思うと手術が必要なケースもあります。

 

手術は費用も高いし、リスクが大きい…そこで多くはないですが「手汗専用デオドラント」が販売されるようになりました。クリーム、パウダータイプがあり塗った瞬間から気になっていた手汗を抑えてくれます。

手汗クリームの効果ってどんな感じ?

女子に大注目の手汗クリーム。塗るだけで手汗が止まるなんてウソみたいですよね?でもこれが本当。手汗が抑えられる理由は3つあります。

 

手汗を止める

エクリン腺にフタをして汗を止める
手汗を抑えるための成分が配合されています。汗はエクリン腺と呼ばれる汗腺から排出されるのですが手汗クリームはその汗腺にフタをして「汗を止める」「臭いを消臭」するといった働きをしてくれます。そして毎日つけるものだからこそ成分にもこだわっていたり、刺激となる添加物を含まない無添加処方になっています。

塗った瞬間に手汗がサラッ!

即効性・速乾性がある
手汗クリームの特徴としては塗った瞬間からすぐに手汗を抑えてくれます。パウダータイプの商品(ファリネ)はサラサラして即効性に優れています。皮膚科クリニックでも処方されることがある「デトランスα」は1回の使用で3〜5日間効果が持続してくれます。塗り直す必要がないので汗を気にせずに快適な生活ができます。

汗臭さも除去

汗臭さも抑えてくれる
エクリン腺から出る汗はワキガのような臭いはしません。しかし、雑菌と混じり合うことで汗臭さ、アンモニア臭などを出すケースもあります。手汗クリームでは臭いも抑えてくれるので周りの視線も気にせずに過ごすことができます。異性、彼氏に嫌われる心配もありません。

女子が大注目!話題の手汗専用デオドラント

手汗パウダー「ファリネ」
商品名
ファリネ/アスクレピオス製薬
価格
通常価格:8,890円
集中ケアコース:5,600円
特徴

オシャレなデザインに即効性のあるパウダータイプ。持続性は約2時間〜3時間です。手をサラサラにして汗を抑えてくれます。
ファリネの効果や成分を分析

手汗クリーム「デトランスα」
商品名
デトランスα/YOUUP(ユーアップ)
価格
通常価格:7,800円
初回限定:2,900円
2本セット:15,600円
特徴
皮フ科でも処方される場合もあるデトランスα【別名:Perspirex(パースピレックス)】持続性も一度塗ると3日〜5日間となっている手汗クリームです。

この2つは手汗専用デオドラントになっています。汗を排出するエクリン腺を塞いで汗を抑えてくれます。手汗手術・治療の中には定期的に医療機関に通う必要のある治療が多いです。かなり費用もかかりますし医療機関に通うといった手間も発生します。

 

でも、上記の専用デオドラントは効果も折り紙付き。手汗ケアのコストも病院に通うより安く済みます。医療機関でも手術や治療の前に一度試してみてください。結果に驚くと思います。

2つの手汗クリーム、実は用途が違う

注目を集めている2つの手汗クリームですが手汗症状によって使い分けることが大切です。ここでは手汗状況によってどちらのデオドラントが良いのかを分析してみました。

 

手汗パウダー「ファリネ」

ファリネはクリームではなくパウダータイプ。持続性も2時間〜3時間と1日手汗を抑えるには3回〜5回程度使う必要があります。どちらかと言うと手汗レベル軽度、中度、重度に分けた場合に「軽度向き」の手汗デオドラントと言えます。デザイン性が高く一見すればデオドラントとはわかりませんので持ち運びにもいいです。

ファリネはこんな人におすすめ!

  • 緊張、興奮すると手汗が酷くなってしまう
  • 大切な時に手汗をかかないようにしたい
  • いつでも取り出しできて他人に気づかれないデオドラントがいい

ファリネの効果や成分を分析

 

手汗クリーム「デトランスα」

デトランスαは逆に中度〜重度の手汗レベルの方に適したデオドラントです。皮フ科でも手汗対策に処方される塗り薬である「塩化アルミニウム」ベースのデオドラントで持続性も高い。手汗が収まってくれば1回の使用で3日〜5日間の効果を発揮してくれます。クリームタイプで手以外に足も使うことができます。伸びが良いので少量で指の隙間にも利用できます。人によっては1本で2ヶ月〜3ヶ月間も利用できるのでコストパフォーマンスも最高です。

デトランスαはこんな人におすすめ!

  • 常に手汗をかいている
  • 持続性の高い手汗デオドラントを探していた
  • 足・靴の臭いも気になっている

私が行った手汗を抑える方法

デトランスα&ファリネの両方を使う

デトランスαはこんな人におすすめ!

長期目線でデトランスαを使うようにしました。デトランスαは持続性が高くなるまでは複数回使う必要があります。急な手汗が出た時にバックに入れているファリネを使うようにして手汗を防いでいました。

普段使いはファリネ

急に手汗が気になったらファリネを使う

手汗が気になってきたらファリネを使い、就寝前にはデトランスαを塗る。これを1週間〜2週間近く続けているとデトランスαの効果なのか日中の手汗もしっとりする程度になりました。

ファリネをやめる

デトランスの効果実感ができてきたらファリネをやめる

デトランスαの持続効果が3日〜5日に実感できるようになってきたらファリネはバックに入れておきますが使う頻度もさげていきました。気になる時くらいしか今は使いません。

この3ステップで見事に手汗を抑えることができました♪デトランスの持続性も高くなるとファリネを使う頻度も落ちてかなりコストを抑えることができます。今では「手を繋ぐ」「書類作成」「スマホ操作」など手汗を気にせずに行えるようになりました。

友人達の協力もあり「手汗」と同様に悩みの深いコンプレックスである「わきが デオドラント」にファーカスしたサイトも立ち上げました。嫌な臭いを断ち切るグッズでも判断軸がない人はぜひ参考にしてください。

当サイトについて

医療機関にいっても手汗は体質的なものといった判断で診断されるケースもあります。実際には「手掌多汗症」といった病名もあり交感神経の異常が原因とされています。あまりに酷い場合は手術といった方法もありますが代償性発汗と呼ばれる副作用のリスクもつきまといます。汗の種類には温熱性発汗、精神的発汗、味覚性発汗などがありますが、こういった神経の異常も程度が低ければ専用デオドラントを活用してリスクなく手汗を抑えることが可能です。手汗が原因で人間関係が気難しくなる。相手に嫌われるのではないと内にこもってしまうなど手汗は大きく人生を左右するものでもあります。私も昔は手汗がコンプレックスとなり積極的な人生を遅れていませんでした。一度はETSやボトックス注射といった手術も考えましたが費用、リスクを調べている内に「手術は避けたい」といった気持ちが芽生えるようになりました。そこで出会えた「手汗専用クリーム」こんな良いアイテムがあるならもっと早くに知っておきたかったと思っています。私のように手汗で悩む女性は多いので少しでも力になれればと思い手汗クリームを紹介するサイトを立ち上げました。

更新履歴